暑さ寒さの季節に左右されない注文住宅

断熱性に優れた家は快適さに大きく影響する

家造りでは間取りや内装にこるのももちろん大切なことですが、それと同様に忘れてはならない重要なポイントが断熱性に優れているかどうかです。 家の壁に高性能な断熱材を使った家では、真冬の寒さが家の内部に伝わることがないので、温かい環境で過ごすことができます。また夏も日差しによって高熱になる家壁の温度が内部に入ってくることがなくなりますし、家の中は基本的に日陰なので涼しく過ごすことができます。また断熱材には防音効果が高いものも多く、外の騒音に煩わされることがなくなりますし、逆に家の中で騒いだ時なども近所迷惑を心配する必要がなくなります。四季によって季節ごとの温度変化が激しい日本においては、断熱性に優れ、暑さや寒さに左右されない家であることは非常に重要なのです。

気密性の高い家なら暖房や冷房の光熱費が大きく抑えられる

断熱性だけでは抑えられる温度変化にも限度があるため、やはり特に気温が低かったり高かったりすると暖房や冷房は必要になってきます。ここで重要になるのが家の気密性です。気密性とは窓やドアが隙間なくしっかりと閉まる構造になっており、空気の行き来がしない作りになっている度合いのことです。例えば気密性が高ければクーラーで冷やした空気が部屋の外に逃げないので涼しい状態を維持しやすくなります。クーラーが何度も部屋を冷やし直す必要がなくなるので光熱費が大幅に抑えられることになります。気密性の高い家であれば、部屋単位で冷えやすく暖まりにくい特性を得られるため、断熱性と合わせて外気に影響されづらい快適な屋内環境を手に入れることができるでしょう。

建売住宅を購入する際は、住宅だけでなく周辺環境にも目を向けることが大切です。駅までのアクセスや学校、周辺施設があるかを調べておくことで購入後の生活の質が大きく変わります。