店舗併用の注文住宅

飲食店併用の注文住宅

注文住宅の建築を検討している人のなかには、店舗併行型の住宅を建てたいと考えている人もいるのではないでしょうか。飲食店と併用するケースでは、1階に店舗を構え、2階以上に住居スペースを確保するケースが数多くみられます。フロア別に目的をはっきりさせると、プライベートな空間もしっかり持つことができます。1階部分だけでは、備品を置く場所が足りないという場合には、住居スペースを削って倉庫を作るのもよいでしょう。

店舗併用の住宅では、外観からはお店と気付いてもらいにくいこともあります。飲食店らしいファサードに仕上げるといった工夫をして、お客さんに入ってもらいやすい雰囲気づくりを心掛けて下さい。試行錯誤しながらベストなプランを探れるのは、設計の自由度が高い注文住宅ならではのメリットです。アイディアを無駄にせず、上手に反映させて設計を進めましょう。

プライベートを確保する工夫をしよう

店舗併用の住宅を建てる際には、プライベートの確保をどうするかについて考えることが大切です。フロアごとに目的をはっきりさせる方法以外にも、プライベート確保の質を高める方法がありますよ。人通りの多い立地は、お客さんに来店してもらいやすい一方で、住居としては人目が気になることもあり得ます。住居部分に外から見えにくい窓ガラスを導入すれば、通行する人の目を気にすることなく、住まいでゆったりと過ごすことが可能です。おしゃれさと機能性を追求したいなら、昭和レトロな型板ガラスや泡入りのレトロガラスの導入もおすすめです。住居と店舗が同じ場所にあるメリットを生かし、デメリットを減らす工夫をしながら、設計を進めるようにして下さいね。

分譲住宅は既に建ててある住宅のことを言います。すぐに購入することができるため、引っ越しのスケジュールなどが立てやすく注文住宅よりも割安で、間取りがわかりやすいというのがメリットとなっています。