医院併用の注文住宅

医師として地域の人々を助けられる

併用住宅は、自身のスキルを活かした商売をしたい時に自宅の一部を店舗スペースとして用います。そんな併用住宅の中で増えているのが、医師免許を取得した医者がクリニックを開設するときに使うことです。併用住宅としてクリニックを開業するメリットは、地域密着型の医療ができる点になります。病気やけがをした時には市民病院を受診し、その後重大な疾患が見つかれば紹介状をもって大学病院などの大規模医療施設に行くという流れになるのです。 ただ近くに市民病院がない場合には、交通機関などを利用して向かわないといけなくなります。そこで医師免許を持っている医者がクリニックを開業することで、市民病院に行かなくてもけがや病気を直接診療できるので移動の負担軽減と治癒率を上げてるのに役立ちます。医者にとっても遠くの市民病院に移動しなくて済むので、リラックスした環境で医療を携われるので負担の少ない働き方につながるのです。

設計をする際には注意点を踏まえよう

地域密着型そして負担の少ない働き方ができることが併用住宅におけるクリニック開業のメリットではあるのですが、ただ実際にクリニックとして併用住宅を利用する際には注意点があります。自宅をクリニックとして開業する場合には、生活環境を悪化させる設計にしないことが大事です。クリニックを併用するということは、常に患者が自身の家を訪れることを意味します。そのため患者の足音やウイルス感染そして場合によっては医療行為による叫び声など、生活環境に影響を与えてしまうことも考えられるのです。 そのため建設をするときには設計士と相談をして、家族がウイルスに感染しないように病院と自宅とは配管の設置を変えてもらう必要があります。そしてプライバシーを維持するために、足音や生活音が聞こえないように部屋の角度や防音設備を導入する必要があるのです。

新築一戸建ては、完成したばかりの物件に住めることや、資産的な価値が高いといった様々な魅力があります。